読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/04/16 ジャニーズ大運動会

“ここに道枝くんがいたらなぁ” ただの願望に過ぎないはずのこの言葉が盛大なフリとなって、オチとして道枝くんがジャニーズ大運動会に登場した。夢のまた夢、くらいの感覚で話していたので、道枝くんの登場にびっくりして嬉しくて泣きました(そして我ながら引いた)。

 

初めての道枝くんは小さい、細いという印象。身長が伸びたと言っていたはずだし、実際伸びているのだろうけれど、周りと比べるとやはり小さい、可愛い。関西から放り込まれるような形で登場した彼は、驚く程に堂々としていて。胸に当てられた手は緊張の証のようにも見えるのに、それよりもやる気の方が伝わってきた。そのやる気というのが、来て早々始まったPK戦。各ボールに難易度別で得点が付いている、後は通常のPK戦と同じルール。始まる前、道枝くんは「(サッカー経験は)0でーす!頑張ります!」と言っていた、はずなのに初級のボールを選ばず中級のボールを迷うことなく手に取る。え?大丈夫?なんて私の心配を気にもとめず(そりゃそうだ)、蹴る準備に入る。結果は失敗に終わったのだけれど、何より躊躇なくボールを選んだ姿が道枝くんらしくて惹かれた。どうせ蹴るなら、って思ったのかな。その時の気持ちは道枝くんにしか分からないけれど、道枝くんはテレビで見ていた通り、物怖じしないタイプの人だった。先輩達は道枝くんに終始デレデレ。キーパーに「(道枝くんが蹴ったボールを)取るんじゃねーよ(笑)」ってつっこむ程にとにかく甘やかしまくる道枝くんの周りの大人達(笑)中丸くんにおいては「母になりたい!!!」と言わせてしまう道枝くん。君は本当に可愛いよ。PK終わり道枝くんは「大阪で頑張っている関西Jr.のみんなに負けないように頑張るので、母になる、宜しくお願いします!」と言った。道枝くんの心の中にはいつも一緒に頑張っている仲間の姿があること、その仲間が道枝くんに良い刺激を与えていること、抜擢された責任感みたいなものも感じて1人一瞬の番宣に感動していました(モンペ)

 

障害物競走でもまさかの登場。道枝くん、本当に推されてるなぁ。障害物競走自体は、三輪車に乗る自担を見せてくれることに感謝しかなかった。道枝くんはもちろん似合うし、デビュー組が必死にこぐ姿に大盛り上がりな会場。障害物競走は【ネット→三輪車→椅子に備え付けられた風船をお尻で割る→しゃもじ?に乗せた球を落とさないようにして走る→箱から紙を引いて大勢のちびジュから指定された1人を見つける→ゴール】。このちびジュ達が一斉に踊り出すところがシュールで面白いし楽しいんだけど、踊って動く故に道枝くん含め選手達は大苦戦。競技メンバーが次々と見つけてゴールへダッシュする中、道枝くんはちびジュに囲まれながらドタバタ。やっと見つけた頃には、最下位が決定していた、けど走る。ちびジュの肩を抱いて2人で一生懸命最後まで走る。そして涙する私(何で) 余裕のあるなしではなくて、何事にも全力な道枝くんが本当に道枝くんらしくて。道枝くんはゴールした後、大声で「すみませんでした!ありがとうございます!」って言った。謝らなくてもいいのになって思ったけど、出ることに意義があるって発想ではないところも道枝くんだからこそかな。

 

あ〜好きだなぁ。と思ってしまった。すっかり沼(幸)に浸かっている。待機中、応援用風船で他のJr.と戯れてみたり、ドーム客席を口を開けて見渡してみたり、東京の先輩に声をかけられてぺこぺこしていたり。慣れているとはとてもじゃないけれど言えない。でもそれがまた可愛いし、初心を忘れて欲しくないなぁと思った(誰)。とにかく見れると思っていなかった道枝くんが登場してくれて、全力で競技に挑む姿が見られて幸せだった。楽しかった。道枝くん、お疲れ様でした!